山だよねぇ

heavymoon7.exblog.jp
ブログトップ

釜無山~白岩岳  展望と花と苔と笹原と・・

2016年6月11日(土)

入笠山の南、釜無山~白岩岳へ行ってきました

白岩岳へは西側の小黒川から一度登っており
展望と花の雰囲気の良い静かな山頂はお気に入りです
f0302771_18465112.jpg





04:40 駐車地
05:20 釜無山 05:30
10:00 白岩岳 11:40
15:50 駐車地
f0302771_18481255.png

大阿原湿原から林道を南へ、ゲート脇が釜無山の登山口
この手前に4台程駐車可能スペースあり
笹が濡れているので上下カッパを着てスタート
f0302771_18483981.jpg

朝陽だね~
f0302771_18554053.jpg

少し行くと右手に中ア
f0302771_18554673.jpg

5年以上前に一度来ている釜無山
以前より笹がパワーアップしている気がしました
が、ここまでは掻き分ければ道はしっかりあります
f0302771_18555414.jpg

その先踏み跡ははグンと薄くなり 時々見失いながら
たまに古いテープを見つけては復帰してザバザバ進みます
f0302771_1856169.jpg

やがて進路が南西に変わり下降し始めると、バーンと左手に甲斐駒・鋸・仙丈
f0302771_1856739.jpg

右手には中ア
f0302771_18561344.jpg

もっと右の方には槍穂が見えました
f0302771_18562051.jpg

何度かアップダウンを繰り返して進んで行きます
f0302771_18562675.jpg

ダケカンバや
f0302771_18564857.jpg

針葉樹林
f0302771_18564085.jpg

苔の中にマイヅルソウの葉
f0302771_18565561.jpg

立派な足もあり
f0302771_1857328.jpg

大変雰囲気の良いところです
f0302771_18571683.jpg

時々開けたところでは
f0302771_18575359.jpg

必ず花あり
f0302771_1857409.jpg

う~ん、右手中アには雲が掛かってしまいました
f0302771_1858327.jpg

一番多いのがシロバナノヘビイチゴ、踏まずには歩けないほど
f0302771_18581121.jpg

ちょっとしたコブに立つダケカンバ
f0302771_18581948.jpg

その先の岩場にはイワベンケイ?
f0302771_18582543.jpg

退屈はしません
f0302771_18583593.jpg

白岩岳見えてますけど、、まだまだ
f0302771_18584384.jpg

奥には北岳~仙丈ヶ岳
f0302771_18585355.jpg

北岳アップ
f0302771_18585926.jpg

やがて完全に樹林へ入ると
f0302771_1859675.jpg

オサバグサ
f0302771_18591468.jpg

針葉樹林の亜高山帯となり
f0302771_18592192.jpg

そして白岩岳山頂、やっと着きました
f0302771_18592769.jpg

甲斐駒・仙丈方面、見えない残念
f0302771_18593426.jpg

目の前は鹿嶺高原、その奥の中アも全く見えなくなりました
f0302771_18594157.jpg

前回来たのも同時期、この山頂 白と
f0302771_1859507.jpg

黄色の花がいっぱいで好きなんです
f0302771_18595837.jpg

これは何でしょう?
f0302771_190511.jpg

山頂直下にはニリンソウ、来た道を戻ります
f0302771_1901372.jpg

往路では巻道を通った所を今度は尾根芯を通ってみました
すると おぉ!
f0302771_1902022.jpg

キバナコマノツメが群生しています
f0302771_1902774.jpg

いや~、見事ですね♪
f0302771_1903337.jpg

横顔~
f0302771_1903936.jpg

そしてまた笹原や
f0302771_1904771.jpg

ガレ場等、何度もアップダウンを繰り返し
f0302771_1905429.jpg

素敵な森を堪能して戻って行きました
f0302771_191143.jpg

昨年の同時期 単独アタックしましたが
釜無山への濡れた猛烈な笹に嫌気が差して敗退しています
その時は大阿原湿原の駐車場から歩いて
釜無山登山口付近に車が停められるのを知ってガックリ
それもあって行く気が失せてしまったのです

ですが今回歩いてみて大阿原湿原からでは時間的に無理だったのを知りました
なので再トライで良かった、同行の友に感謝

釜無山から先は登山道として整備されていないので自然感たっぷり
展望、花、苔、笹原、その他諸々、変化のある楽しい素晴らしいルートでした

※熊避け、虫対策必要





・・・
[PR]
by heavymoon715 | 2016-06-15 09:53 | 2016年6月 | Comments(2)
Commented by float cloud at 2016-06-15 11:06 x
こんにちは~、reiさん。
素敵なレポ、ありがとうございました。
山がかなり変貌して、びっくらぽんです。
そりゃ~そうですよね、
ぼくたちがこのルートで白岩岳を往復したのは、
1997.11.3.のことですから・・・。
木立が減って、かなり明るくなってますね。
森の林床は滑らかになり、
東谷頭から奥で、木立のないコブがあったことにはさらに驚きました。
Commented by heavymoon715 at 2016-06-15 21:08
float cloudさん、こんばんは。
へぇ~、そんなに変貌してますか。
じゃあまた20年もすると様子が変わっているかもですね。
それにしても素敵なルートでした。
また何時か再訪したくなる気がします(^^