山だよねぇ

heavymoon7.exblog.jp
ブログトップ

臼本山  県境尾根より周回

2016年2月18日(木)     単独

油坂峠の南にある臼本山に行ってきました
一週間前に行った徳平山の東にあります
f0302771_17215371.jpg

《2番目の鉄塔脇より鷲ヶ岳山塊》










06:25 駐車地
06:50 林道入口
07:10 取付
07:25 県境尾根
09:55 臼本山 11:40
14:15 鉄塔下降点 14:20
14:55 国道
15:05 駐車地
f0302771_17241780.png

中部縦貫道旧油坂峠料金所の広いスペースに車を停め
f0302771_17363229.jpg

100mほど九頭竜湖方面に行った冬季閉鎖中の国道入口でスノーシュー装着
f0302771_17364260.jpg

25分進んだトンネル手前を右へ林道を入って行きます
f0302771_17364865.jpg

20分で橋に到着、左の斜面から そう深くはない谷の右岸に取付いて
f0302771_17365312.jpg

県境尾根へ上がりました
f0302771_17365984.jpg

すると左手には白鳥の町並みと鷲ヶ岳山塊の眺め、これより右の方には御嶽山も見えています
f0302771_1737457.jpg

快適な尾根を進むと じきに山頂部が見えてきました
f0302771_1737984.jpg

尾根幅が狭まるとやや歩きにくい所あり
f0302771_17371558.jpg

雪は今回降ったものしかなかった様でペラペラ、スノーシューでは少々歩きにくかったりもする
f0302771_17372169.jpg

また広くなる、こういうところが歩きやすくてイイね
f0302771_17372839.jpg

右手にはブナと木立越しに白山~大日方面、スッキリ見えるところが無いのが惜しい
f0302771_1737352.jpg

振り返る、ふわふわの雪は10cm弱
f0302771_17374283.jpg

気持ち良い青空
f0302771_17374824.jpg

白山~大日方面、これが精一杯
f0302771_17375575.jpg

そして1100mコブに登ると東側が開け、白鳥の町並みと鷲ヶ岳山塊~御嶽山の素晴らしい眺め
f0302771_1738288.jpg

御嶽山アップ、手前に薄い雲の帯があり浮かんで見えて、なかなかGood
f0302771_1738829.jpg

その先林道を横断したあとまた林道に出合い、ぐるりと北側に林道を周り込んで臼本山山頂到着
木立ち越しには白山~大日~鷲ヶ岳方面が見えています
f0302771_17381564.jpg

南側、やや南北に楕円の台地になっている穏かな山頂部
雪が少ないので灌木ピヨピヨ、雪の多い年ならばもっとスッキリするハズ
山名板が雪面から1m位の所にありますが
ある方の昨年3月終わりのレポでは山名板と雪面が同じ高さでした
f0302771_1738289.jpg

久しぶりにセルフ撮りしてみました、おニューの草色のパンツが嬉しくて(^^ゞ
f0302771_17382223.jpg

ポカポカ暖かい山頂で 格好良いブナを眺めながら極上ランチ
f0302771_17383436.jpg

山頂の2m下にある林道から何とか隙間を見つけて白山パチリ
f0302771_17384210.jpg

下山は林道をそのまま、正面に昨年行った高倉山が見えています
f0302771_17384844.jpg

徳平山への縦走路である県境へ入ると笹少々
f0302771_17385484.jpg

すぐに県境を離れ北西に進んだ尾根には所々に ごっつい根のヒノキ
f0302771_1739296.jpg

う~む、歩きにくい(-_-;)
f0302771_1739999.jpg

バサバサ、スノーシューで踏み倒す
f0302771_17391628.jpg

少し降りると白山は見えなくなり、大日辺り
f0302771_17392368.jpg

やはり歩きにくいのでアイゼンに履き替えました
枝を掻き分け、時々ボコっと穴に嵌りながら「まだかなぁ」と進んでいくと
f0302771_17393117.jpg

やっと一つ目の鉄塔、先週の徳平山が綺麗に見えています
f0302771_17393744.jpg

その先996Pから下がったところでホッと出来る広い尾根
f0302771_17394359.jpg

それもつかの間、基本こんな道が続きます
f0302771_17395032.jpg

そして2番目の鉄塔に来るとドーンと開けました、奥は鷲ヶ岳山塊
f0302771_17395836.jpg

左手には縫ヶ原~荒島
f0302771_1740450.jpg

振り向くと先程居た臼本山
f0302771_1740105.jpg

進行方向左には大きな野田ヶ大和、行きたいけれど今年は無理かなぁ
今日は新雪がズルーっと滑る状態で、ほんのわずかな距離ですが
木が無いので少ない笹などを掴みながらココを降りるのが一番緊張しました
f0302771_17401758.jpg

そして最後の鉄塔、ここで小休止して
f0302771_17402310.jpg

北西へと下降して行きます。ココには道があるのでしょうか
f0302771_17403026.jpg

途中右下にマイカーが見えました
朝はなかった隣の車、あんなに広い所ですぐそばに停めるのは詰めて停める習性のハイカー?
f0302771_17403776.jpg

そして降りたら渡渉、川の合流点から40mほど南
水面から石の出ていない部分で一足だけ川の中に浸けましたが
靴の中に水が入ることなく無事に渡れました
f0302771_17404359.jpg

渡って直ぐ林道、看板の後ろ辺りに上がり
f0302771_17404837.jpg

あとは先週も渡った橋を渡って国道に出て車へと戻って行きました
f0302771_17405470.jpg

また少し雪が降って徳平山から一週間後に晴れ予報になったので
今度はお隣の臼本山です
徳平山から縦走することも出来ますがそれは私にはロングなのでパス

今回のルート、最後に渡渉がありますが容易だという情報があり
もし濡れてもあとは林道と国道歩きが少しなので大丈夫であろうと思ったのでした

県境尾根は楽でしたが鉄塔のある尾根は歩きにくく
距離の割に時間が掛かりました
もっと雪が多かったら違うかもしれませんが・・

ちょっと苦労した分「やったね」という満足度は高く
今日も無事に楽しい一日でした、めでたし♪




・・・
[PR]
by heavymoon715 | 2016-02-22 11:15 | 2016年2月 | Comments(8)
Commented by float cloud at 2016-02-22 21:09 x
冒険心いっぱいの楽しい山でしたねえ。
経験から言うと、摺れ切れていないスパッツで、渡渉前にちゃんと整えておけば、幅が10mや20mだって、水深が脛辺りまでなら、ゆっくり歩いたって、大丈夫かと思います。
臆せず、渡渉があるルートも、どんどん採ってくださいよ。
楽しみにしています~。
なぜ野田ヶ大和、今季はだめなんですか?
臼本山だって、物凄い藪だそうですよ。
Commented by heavymoon715 at 2016-02-23 20:12
float cloudさん、こんばんは。
はい、わくわくドキドキの大変楽しい山でした。
渡渉はどうしても苦手意識あり、「どんぶらこ」を想像してしまいます。
スパッツをしていればある程度は大丈夫なんですね、
これからもチャレンジしてみます。
野田ヶ大和、この少ない雪で藪が心配なのですが・・
あ、えっと、あまり、藪慣れしてないもんですから(^^ゞ
来季以降の大雪に期待した方が良いのかなとか。
また様子を見て、ですね。
Commented by float cloud at 2016-02-23 21:48 x
こんばんは~。
すみません!余計な事ばかり書きました。
「どんぶらこ」、あり得ますよね~。
野田ヶ大和、そう言えば、九頭竜本流側からは、南尾根でしたね。
友が一人、藪で苦しみ、また別の友が、軟雪で消耗したことを思い出しました。
北面は、植林だし・・・で、
その点、チャンスの少ない山ですよね。
Commented by heavymoon715 at 2016-02-25 19:58
float cloudさん、こんばんは。
そうでしたか、やはり良い日を選ばないと大変な目に遭うんですね。
何時になるかわかりませんが、よーく検討して行ってみようと思います。
ありがとうございました(^^
Commented by bb at 2018-03-26 15:51 x
3/24に同じコースで行ってきました。
コースの半分は地面歩き、山頂の手前左手植林と言う所から全面雪でした。
鉄塔尾根は登りに使っていたら途中で帰っていたかも、アイゼンのわけがわかりました。
渡渉はん~、雪解け時期ということを失念していました、流れ早く流量も多い。
覚悟を決めて膝下浸水、こういう時下手に濡れまいとすると転倒すること多し(2度経験)

ところで3/11はどこへ行こうとしてたんですか。
Commented by レイ at 2018-03-28 21:33 x
bbさん、こんばんは。
ごめんなさい、こちらにコメント下さったんですね。
たまたま自分の過去の記録で確認することがあったので開いて気付きました。
北側の尾根でももう半分も地面歩きでしたか、、
そして膝下浸水、、、お疲れ様でした。
3/11はfloat cloudさんと同じルートで金糞岳へ行こうとしました。
流れは怖くなかったんですが靴の中を濡らしたくなかったので渡れませんでした。
ひとりさんも何処かで渡れると言われていたんですけど、、
ワタシはきっとジャンプ力が無いのではと(^^ゞ
来年ウェーダー大作戦で行こうと思います。
Commented by bb at 2018-03-29 11:49 x
はやっ、もうみつかちゃったか。

金糞でしたか。
そこ、私の場合は秋で水量も少なかったので片足瞬間でした。
昨年は4/23に殿又林道終点から1039pまで雪無で2Hちょい、藪薄いのが時々。
そこから雪を拾って2Hで山頂、雪の無い所は踏み跡有。
前回は点名倉谷も往復。
昨日ソムギ(今回も運よく橋有)から見たところ北尾根は真っ白でした。
Commented by レイ at 2018-03-30 18:59 x
あはは、早かったですか、、、
え、秋にそこから山頂まで行けるんですか?
それはそれで魅力的♪
bbさんは色んな季節に色んな所を歩かれてるんですね、凄いなぁ~。
ワタシもそういう歩き好きです。
そうそ、今ソムギの橋あるんですってね。
・・・やはり家から近いって良いなぁ。。。